読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この先に見えるもの

教育関係で社会人ひよっこ。ツルツルのたまごが思う日々のこと。

9月1日が終わって-彼らの選択の方法-

教育関係 思うこと

もう日付は変わったけれど9月1日が終わりとうとう二学期のスタート。

ここ最近会う彼ら彼女らは、どこか浮き足立っているような、ふわふわとした感じに見えます。

夢と現実の境のような、地に足のついていない状態が愛おしくもあるわけです。

 

ここ数年、この9月1日という日付はとても悲しい注目のされ方をしています。

 

「未成年の自殺が急増する日」

 

夢現つのまま戻らないことを選択したいのちの数。

夢現つなんて言葉は不適切かもしれませんが。

 

ニュースやネットでは何が原因か、未然に防ぐには、学校の対策は、家庭のケアは、、、等々様々な意見考察が飛び交います。

人が命をなくすことに、後付で理由を探し貪るナンセンスな風習が私はあまり好きではありません。

 

ここからはそんな日に改めて思ったことを書き記していこうと思いますが、大前提として、

 

自殺は、絶対にだめな選択肢だということ。

 

これだけは変わることはありません。

 

 

突然ですが私は「不登校賛成派」の人間です。

言葉をそのまま信じるとなんて無責任なやつだと思われるかもしれません。

しかし、私はやっぱり「学校に行かない」という選択を自分で決めた彼らの意思や決断を、教育に携わる者として絶対に否定したくないのです。

 

学校という場所(大きなくくりなので小中高などの区分は外します)は、

・だれもが学びを得られる場所

だと私は定義しています。

学びとは、勉強もそうだし、日常生活もそう、友達、人付き合い、大人について、理不尽、暇な時間の潰し方、恋愛、たくさんの価値観など、書き出したらきりがないほどの発見と学習の総称であると思っています。

 

「学校でたくさんのことを学ぶ」

という言葉の中には

「学校で自分にとって苦しいことを知る」

という側面も入っていると思うのです。

 

私の場合は部活動の無駄なルールや、話を合わせないといけないランチタイムの圧迫感、数学と体育なんかがとことん合わないことがわかりました。

 

大きいものから小さいものまで、学生の頃は誰でも苦しいことが一つはあったと思います。

 

私にとって、その学びの中で「学校が苦しい」と感じる人が出てくるのは、だれにも否定できない極自然なことだと思っています。

苦しい気持ちが当たり前ということではなく、たくさんの選択肢の一つであるという理由からです。

 

「学校が苦しい」から「学校に行かない」という選択をするということは、私は逃げではなくて、その子にとっては学校の学んだものの一つだったのと思うのです。

 

ただ、不登校を肯定しているからといってその策にある光が少し小さくなっているのは見過ごせない問題です。

今はフリースクールを始め沢山のオルタナティブスクールが認知され、注目を集めるようになりましたが、その情報が辛い経験からふさぎこんでしまった当事者までなかなか届いていないのも現状です。

スクール形式でなくても、人が心の拠り所を求めてもいい場所はたくさんあります。集いの場にも、自然の中にも。

 

大きな決断をした子供達、広い世界を見てみてほしい。

学校であった物事よりも、はるかに膨大な世界が生きていれば見ることができます。

一歩踏み出してみてほしい。そして、自分の選択を胸に大事に抱えながら進んでいってほしい。

 

そんな沢山の選択に、優しい世界になりますように。