読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この先に見えるもの

教育関係で社会人ひよっこ。ツルツルのたまごが思う日々のこと。

進撃のボイメン

アイドル 思うこと

こんばんは。

 

今日は2016年のイナズマロックフェスの初日ですね。

 

私はフェスには参加しないのですが、今日は開催地の最寄り駅、滋賀県草津駅に向かう用事がありました。

行きの電車からそれぞれのアーティストのファンたちが、それぞれの正装に身を包み、嬉々とした表情をしていました。

イナズマロックフェスは2年前に一度行ったきりなのですが、その時の気持ちの高揚がよみがえります。

 

そんな中、草津駅での出来事。

 

ひとりで駅構内のコンビニに入ると、若い女性二人組の会話が近くで聞こえてきました。

 

「なんか改札ICカード通んないんだって」

「まじで?」

「うん、支払い並んでるからちょっと行ってくるわ」

 

私もICカードで来ていたので、出るのに時間がかかるとまずいと思い、急いでコンビニを出ました。

 

しかし、すんなりとICOCAは通ります。

改札機の故障もないようでした。

 

あの子たちは何のことを言っていたんだろう?と不思議に思っていると、駅員さんのアナウンスが聞こえます。

普段の何十倍もの人が利用するため、

「帰りの混雑が予想されますので切符をお買い求めください」

「人が多くなると駅の退場規制を設けます」

等々、聞き覚えのあるアナウンスが流れていたのですが、そんな中で少し違和感のあるアナウンスが入りました。

 

 

「名古屋方面からICカードでお越しのお客様、カードの範囲は近畿圏から変わりますので、乗り換え無しの場合は清算できません!臨時清算所にお並びください!」

 

 

よく地方からくる人がしがちな間違いですが、なぜ名古屋限定でアナウンスがされているんだろう?

 

不思議に思いながらも駅を出てたくさんの人を見渡すと、その違和感や謎が一瞬にして解明されました。

 

女の子が来ている色とりどりの可愛いTシャツ、そこに書かれたロゴ。

 

ボイメンだ!

 

そう、今年のイナズマロックフェス初日のオープニングアクトが、BOYS AND MEN(ボイメン)だったからなのです。

 

ボイメンとは、アイドルグループの名前です。

詳しいことは各自調べたらたくさん出てくるのですが、普通のアイドルグループと違うところが一つあり、それは

 

東海地方に根ざした男性アイドル

 

を目指し活動してきたグループだということです。

 

つい先日やっとメジャーデビューをした彼ら。

個別で東京のお仕事があるメンバーもちらほらいますが、全国区での知名度はやはり少し低めです。

しかし、彼らは名古屋ではテレビ、ラジオなどで大量のレギュラーを持ち、精力的にイベントを行い、名古屋や東海地方ではかなりの知名度らしいのです。

(私は関西から出たことはないので全て伝聞ですが)

年齢問わず認知度の高い彼らは、名古屋のTEAMNACCS的な?存在なのです。

 

そんな彼ら、ボイメンの晴れ舞台に、名古屋方面の昔からのファンが大勢応援に来て、電子改札のアクシデントが10人20人という規模では収まらなかったので、そんな聞き覚えのないアナウンスが流れたのか、と、一気に合点がいきました。

 

それがわかった時、なぜだかとても胸がキュンとしました。

 

私は一部のメンバーだけは知っているぐらいで、すごくファンというわけではありません。

地域を限定して活動していると知った時、「ご当地アイドルなのか、もったいないな」と少し思ったぐらい、私の中ではパッとしないまま終わっていく企画なのだろうと思っていました。とっても失礼ですが、、、、。

 

そんな彼らがやっとつかんだメジャーデビュー。

CDリリース、売り上げに関して色々あったのはなんとなく知っていましたが、詳しくはよくわかりません。

ただ、そんな地方のがむしゃらな男性たちが夢を追いかけ、走り続けた月日を共に過ごした地元のファンの方たちが、晴れの舞台、少し時間のかかる場所の、出番も30分に満たないフェスに名古屋から沢山見にきてくれたこと。

 

そんなことを考えると、彼らの活動は確実に地域に根ざし、実を結び、応援してくれている人も一緒に階段を駆け上がっているんだなあと、感動せずにいられませんでした。

 

アイドルとファン、地域に根ざす人気者たちの、理想の形を見た気がしました。

 

本当に良かったね。素敵だね。

全くファンではない私でもこう思うほど、それは素敵な光景でした。

 

改めてボイメンさん、イナズマロックフェス出演おめでとうございます。

 

これからますます全国区の活躍、期待しています。