読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この先に見えるもの

教育関係で社会人ひよっこ。ツルツルのたまごが思う日々のこと。

私のパートナー 非常勤講師同士のお付き合い

こんにちは。

 

私には今、仲良くしている殿方がいます。

 

大学3回生の頃に出会い、その頃恋人と訳あって離れ離れになっていた私と、ゆっくり打ち解け仲良くなった方です。

 

今、訳あってその恋人とは連絡が取れず話をつけることができないのですが、それでも一緒にいてくれる優しい方です。

 

その方は26歳、ふたつ上。一度大学を卒業したのち、教員免許を取るために2年間科目履修という形で大学に通い、去年の3月、私と同じタイミングで教員免許を取得しました。

 

国語の彼と、書道の私と。

 

同じ4月から、都道府県は違えど高校で非常勤講師を始めました。

 

彼とは学校に対する思いや、教育に対する考え方がとても似ているので、仕事が始まってからは毎日のように2人で感想を共有し、反省会のようなFaceTimeを行っていました。

 

学校の掛け持ちのため、なかなかそれぞれの勤務校で先生たちと深い付き合いができず悩んでいた時も、生徒との対話が何もできず落ち込んでいた時も、悔しくて涙をした日もいつも彼に報告していました。

 

とってもいい関係です。

きっと結婚するならこの方だろうと思っています。

 

ただ、引っかかるのが、お互いに非常勤講師。

非正規雇用だということ。

 

今の2人の年収は、きっと足しても400万円に届かないと思います。(詳しいことは知らないけれど)。

 

いつ仕事がなくなるかわからない。もちろんボーナスはない。8月3月はほぼ無収入。

 

生きることは、どうしてもお金はかかるし、夢を追うのもタダではできません。

 

仕事にやりがいを持ってる彼を応援したいけど、最近は焦らせるようなことばかり言ってしまいます。

 

非常勤に対する意識も、教科主体の私と一緒じゃダメなんだよ。

先生になりたいのなら、今の立場で満足していちゃダメなんだよ。

 

自分が言えた義理ではないけど、ちょっときつく当たったことを、こちらの記事を読んで、勝手に反省しました。

 

 

焦りすぎなのかなー、心に余裕がないなー。

 

と、痛感したみよみよであります。

 

私も彼に言うなら夢に向かってちゃんと頑張らないとなー。