読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この先に見えるもの

教育関係で社会人ひよっこ。ツルツルのたまごが思う日々のこと。

来年の手帳に悩み中 手帳遍歴を振り返る

文房具

こんばんは。


手帳の季節ですね。
文房具店や書店の店頭に、早いものでは九月始まりのダイアリーが並び始めました。



このIT時代、私はまだ自分のスケジュール管理は紙の手帳派です。

やっぱり私は字を書いて記録を残したい性分でして、完全にスマホやパソコンでのスケジュール管理に移行できずにいます。

あとはやっぱり文字を書くことが好きだから、毎日の習慣としてあったほうが幸福感が増す気がするのです。



しかし、今年を機に今までの手帳のシリーズから、新しいものに乗り換えようかなーと考えています。



そこで、今まで使ってきた手帳を振り返ると、なかなか感慨深いものがあったので、今日は


これまで使ったスケジュール帳、使い方や感想
などを書きたいと思います。



手帳を持ち始めたのは?

覚えてる限りでは中学三年生の時。
部活と塾で周りが忙しくなり、かわいいキャラもののスケジュール帳を持つ友達が増えました。

最初は何をどうしたらいいかわからず、変なキャラクターのマンスリー。

クラブの予定、毎週の塾、あそぶ予定、何もない日は「ゴロゴロ」とでも書いて。

とにかく書くのが嬉しくて、些細なことでも記録していた気がします。



そのあと、友達が持っていて素敵だなーと思い、真似したかったのがこちら。

絶賛期間中の無印良品です


マンスリータイプで、日付は自分で書き込むタイプ。
自由なスタイルに憧れて、いそいそと書き込んだことを覚えています。

学生の時に使ってたカラーペンって結構裏移りするので、それがちょっと嫌だった印象。

しかし、無駄のないデザインと機能性から、その時はちょっと手帳を持て余していたかもしれませんね。

中学生ってそんなの予定ないし笑


高校の3年間は、ずっとpaperblanksにお世話になっていました。

とにかく装丁が素敵で、シリーズのノートもよく使っていました。

スケジュール帳はこれ

Paperblanks ショパン ポロネーズ変イ長調 PB1020-3

Paperblanks ショパン ポロネーズ変イ長調 PB1020-3

ショパンではなかったような、、、

サイズはB5かB6のどちらかでした。

紙自体が滑らかなので、書きやすさのある手帳だったように思います。

紙質が柔らかいので油性のボールペンはすこし不向きだったかな?

その頃は消しゴムハンコにはまっていたため、季節に沿ったハンコを作っては押してもようにしていました。

スタンプインクはやはり透けます。
私にとって、paperblanksは形を楽しむのに特化した手帳
でした。

大学生の間はずーーーーっとトラベラーズノートです。
[
]



トラベラーズノートに対しては愛が溢れているので、またの記事で話したいと思います。

ちなみに今もトラベラーズノート



その間一年だけ、浮気していたのがこちら。


日記系手帳ではトップスリーに入る実力者。EDiTです。

ほぼ日手帳に憧れてはいたものの、きっと生かしきれないだろうと思い、こちらを選びました。

しかし一年で頓挫、、、。
結局トラベラーズに戻ってきて今に至ります。


今、トラベラーズノートから他のものに乗り換えようとしている理由は大きく3つ。

1、マンスリーでは足りず、ウィークリーは見づらい

2、ウィークリーでの日記が続けられない。

3、重い


生活スタイルも変われば手帳も変わるべきなのかな?とは思いつつ、トラベラーズノートを手放す日のことは考えられず、、、

手帳の悩みは年末まで続きそうです。


兼務してる講師が使いやすい手帳って、ピンポイントであるのかなあ?