この先に見えるもの

教育関係で社会人ひよっこ。ツルツルのたまごが思う日々のこと。

私にとってのトラベラーズノート

前回手帳についての記事を書きました。

 

 

たくさんの方に読んでいただけたみたいでうれしいです。

ありがとうございます。

 

 

記事の中で書いた、トラベラーズノートについて。

私にとってのトラベラーズノート、そしてどうやって使っていたのかを振り返りたいと思います。

 

 

トラベラーズノートとは?

トラベラーズノートは、ミドリから発売されていたノート。

 

(久しぶりにHPを見たら、トラベラーズカンパニーという会社が出来るんですね。驚き!)

 

表紙は革素材のカバーが一枚。

そこにゴムを挟み、細長いリフィルを挟み込んで使う手帳です。

 

トラベラーズノートという名前の通り、旅のお供にしたいような、自由の風を感じるノート。

 

サイズはレギュラーサイズとパスポートサイズがあり、リフィルもダイアリー(ウィークリー、マンスリー、バーチカル、日記用)から罫線、無地、クラフト紙、画用紙、方眼紙などたくさん種類が展開されています。

 

他にもカスタマイズ商品も多数存在します。

 

スケジュール帳に使うもよし、仕事の記録に使うもよし、ライフログ、日記、絵を描いたりしている人もいます。

写真を貼って旅の思い出に一冊のリフィルを使い切る人も、、、

シンプルに文字を綴るも、マスキングテープやシール、スクラップで彩るも良し。

 

とにかく、持つ人によって用途は様々。

 

革の表紙も、人によって風合いが全然違います。

 

スティーブジョブズが言っていた「iPhoneのキズもデザイン」的なことと同じかなーと思うのですが。違うかな??

 

 

トラベラーズノートとの出逢い

 

私のトラベラーズノートとの出会いは大学一回生の時。

誕生日プレゼントで、レギュラーサイズのブラウンを頂いたことがきっかけです。

 

「たぶん好きそうやから」

 

と渡されてから、インターネットで検索し、トラベラーズノートとはどんなものかを知りました。

 

その時見たページはこの辺り。

 

 

 

この自由さと、トラベラーズユーザーの皆さんの素敵な使い方に感動して、そこから手帳やライフログにどんどんハマっていきました。

 

トラベラーズノートの好きなところ

1、何と言っても自由

 

何度も書いていますが、特筆すべきはこの自由さ。

リフィルのはさみ方や書き方一つで、どんな使い方も可能になります。

 

日記をつけるにあたりほぼ日手帳と迷ったのですが、この自由さに後押しされて使い続けています。

 

ダイアリーは同じ紙ですが、無地の方では紙の種類も選べるのが良いところ。

 

筆記具にこだわりのある人は、嬉しい点ですね。

 

2、持ってる感じがかっこいい

 

キャラクターでもなく、ブランドでもなく、無骨な革だけのディテールですが、それがなんとも言えない格好良さ、また持ち方によっては可愛らしくもなります。

 

レギュラーサイズの細長さも、書き込んだ証の分厚さも、全てが自分の一部みたいな感覚に陥ってしまいます。

 

3、持っている人を見つけると嬉しい

 

インターネットでユーザーを探すとたくさん出てくるのですが、実生活ではなかなか合わないトラベラーズユーザー。

 

カフェや電車などで見つけた日には心が小躍りします。

話しかけたい衝動に駆られながらも、小心者の私は眺めるだけで精一杯。

 

それでも、その人とノートとの間にある物語を思うととても素敵だなあと思うのです。

 

私のノートの使い方

 最近はカスタマイズもままなりませんが、今の私のノートです。

 f:id:miiko0v0:20161013135209j:image

 

・スケジュール帳

メインの用途はスケジュール管理です。

 

学生時代はウィークリー。

 f:id:miiko0v0:20161013140509j:image

 

このように左は一週間分、右にはフリースペースの形式になっているので、そこは三行日記として活用していました。

 

働きだしてからは1ヶ月の予定を把握したかったので、ウィークリー+マンスリーの併用。

 

大まかな予定をマンスリー、細かな授業の進度や予定の詳細をウィークリーにという感じです。

 

・フリーノート

f:id:miiko0v0:20161013140521j:image

あまり目的は決めずに、試してみたいリフィルを一冊挟んでいます。

あんまり見られたくないので留め具を付けました。

 

文字ばかりの時もあれば、

 f:id:miiko0v0:20161013140546j:image

 

写真や切り抜きをはる時もあり。

 f:id:miiko0v0:20161013140553j:imagef:id:miiko0v0:20161013140603j:image

 

とにかく日常を細かに書き留めておくライフログとして使用していました。

 

 

・アルバイト用ノート

学生時代に派遣で販売のアルバイトをしていました。

場所と商品、売上個数を書き、収入を記録するためのリフィルです。

 

 

 

クリアポケットもその時々で活用しています。

 

 

 

かなりのめり込んだトラベラーズノートですが、最近は予定を書き込んで放置の現状です。

 

日記も書けず、ライフログも働きだしてからは失くしました。

 

 

それなら新しい手帳でスケジュール管理をしたほうが良いのではないか?

と思い、昨日の記事のように新しい手帳に悩んでいるところなのです。

 

 

それでも、この素敵なトラベラーズノート

私も6年使いこんできた愛着があります。

 

スケジュール管理だけ他の手帳に移行して、こちらはまた自由に使ってあげることになるんだろうなあ。

 

手帳を考えている皆さん、私は一旦お休みさせますが、トラベラーズノートは創意工夫が出来て、個性を引き出すことのできる素敵なノートです。

 

一度手にとってみてほしいなー。

 

文房具が好き。字を書くのが好き、記録が好き、アートが好きな人にはもってこいだと思います。