この先に見えるもの

教育関係で社会人ひよっこ。ツルツルのたまごが思う日々のこと。

筆記具の終わりを見届ける幸せ

こんばんは。

少し日があいてしまいました。

忙しかったからではなく、特に書くようなこともなく、書く気も起きず、ダラダラとした日々を過ごしていたためです。

こういう時に無理をして記事を捻出できない自分の性格が嫌でもあり、結構好きだったりもします。

ちゃんとしなくちゃですね。




今日、私の筆ペンのインクが切れました。


インク切れの体験回数

筆ペンはなかなか使わなくとも、普段ボールペンを持ち生活をしている人がほとんどだと思います。


その中でいったい何回のインクが切れる瞬間を体験したでしょうか。



今年度の4月当初から、わたしこっそり数えていました。

ボールペン

SARASAの黒、1ミリ 2回
0.5. 1回
赤 1ミリ 1回

ジェットストリーム 黒 0.7ミリ 1回

油性ペン

フェルトペン細字 黒 6回
赤 1回

水性ペン

フェルトペン 細字 赤1回

万年筆(コンバーター使用なので目安)

F 4回
MF 1回

デスクペン

極細 12回




今年は例年よりも体感として多い気がします。


仕事柄、そして教科柄、筆記具を使う機会は普通の方より多いのですが、毎年最低5回はペンの命が尽きる瞬間は見届けている気がします。

油性ペンとデスクペンは、検定の練習ですごく消耗しています。
正規の使い方はしていないかもしれません。
ごめんよ。



去り際の美しさ

インクが切れる理想というのは、使っている途中で尽き果て、線が途切れてしまう瞬間です。


途中で途切れ途切れになり、危ないときもありながら、最後までペンの使命を全うした姿を見ると、「ああ、使い切れて良かった」と毎回感じます。


プツンと線が途切れて、そこからは空を切るペンの跡は、ちょっと感動すら感じる美しさだとわたしは思うのです。

虚無と輝きが同時に来るみたいな。




ものを消耗するということ

ペン先の故障や、ペン自体の紛失によって使い切れないことも多々あります。


むしろ、学生時代のわたしはなくし物が本当に多くて、文房具は好きですぐに飛びつくのですが、結局途中でなくしてまた買い直すことがほとんどでした。


今でもリップクリームや目薬はよく無くしてしまいます。。。。




学校で働き始めて、自分でて本を書く機会も増えました。
自分の文字に価値がつくことを知りました。


すると、今までのような杜撰な筆記具の使い方ではいいものがかけないと思うようになり、そこから最後まで使い切る習慣がついてきたのです。


たかがペン、されどペン。


消耗品の一つにすぎませんが、わたしにとってはお仕事のパートナーの一人でもあります。

毛筆とはまた違った刹那感を孕むペンのインク終わりは、心をなんとも言えない状態にしてくれます。

毛筆には毛筆の素敵な刹那があるのですが、語ると気持ち悪いのでまたいつか。



みなさん、大切な消耗品はありますか?